今日も1日がんばるぞい!

ゲームのブログだった

防医受験記録

f:id:pekka_poke:20201025230718j:image

※以下の写真は撮影の許可取ってます

 

お久しぶりです、涼風青葉です

今日は10月24日、25日と防衛医科大学の入学試験(以下防医)を受けてきた時色々楽しかったのでそれを書こうと思います(小並感)(遅い)

来年以降この学校を受ける方の参考になれば幸いです

 

去年受験してなかったかって?うるさいよ

受験会場は大学がある所沢ではなく、

f:id:pekka_poke:20201107015702j:image

ここで受けてきました 大体三崎駅(京急の終点)からバスで15〜20分といったところでしょうか

施設の中に入ると輸送用のバスに10人ほど乗せられて試験会場へと向かう

向かう途中で戦車が見えたり、迷彩柄の服を着て本物の銃を持った人がいてちょっとびっくりしました

f:id:pekka_poke:20201026065505j:imagef:id:pekka_poke:20201026065823j:image

2日とも天気がすごい良くて、試験中はトンビの鳴き声が聞こえたり(ピーヒョロヒョロってやつ、わかんなかったら調べてみて)、隊員の方の訓練の声らしきものが聞こえてきた

最も驚いたのはトイレである🚽

時は令和、曲がりなりにも神奈川県であるはずなのにオール和式、しかも臭い(自衛隊員の方に見られたら銃殺されそう)

都会育ちの現代っ子である私は泣きながらうんちしてました💩💩

三崎駅は洋式のトイレだったけどウォシュレットなし 将来大金持ちになったらここら辺のトイレを整備しようと固く決意した

 

テストは特に語りません、駿台の校舎で見たことある人がちらほらいてちょっと自信が持てた

 

これだけだと流石にアレなので少し有益な情報を書くと、一次試験は択一式のボーダーは26/40で、筆記は55%程度らしいです。まあソースはTwitterなんで気休め程度にどうぞ()

 

 

防医はこれでおわり!w

 

ここからが本題

私はこの受験の時に一つ計画していたことがあった、それは2日目にみさきまぐろきっぷを使って行くことだ

親からは「そんなバカなことをするやつはお前くらいだ」と怒られたが、せっかくここまで行くんですよ、マグロくらい食って帰らなきゃ損ってものです

 

初めはこの旅行は1人で計画していたのだが、たまたま同じ教室にいた小学校からの付き合いがある、高校の同期のKくんにこの話をしたところ、付いてくるとのことだったので2人で行くことにした(ノリのいいKくんに感謝🙇‍♂️)

 

テスト終了後、ご飯を食べるには微妙な時間だったので(大体14時半くらい?)、彼とテストについて話しながら三崎駅まで徒歩で戻る

大体1時間弱くらいかかったかな?

私の予定としてはお食事券の他に入っている、レジャー施設1つがただになる券で温泉に入って時間を潰し、そこからご飯に行く予定だったのだ

そこでパンフレットなどで行くお店を決めようとしたが

何もない

正確には私たちが駅に着いた時間ではどこも営業時間外だった この女は遊ぶことばかり考えてそういうところは何も調べていなかったのだ

そこで急遽プランを変更して、ご飯を食べてから温泉に入ることにした

三崎駅からバスに乗り(なんとこのみさきまぐろきっぷは特定の区間内ならバスも無料!)

三崎港まで移動。 本当に神奈川県の端っこまで来てしまった

f:id:pekka_poke:20201107224928j:image

↑右に移っているのは千葉県の先っちょです

f:id:pekka_poke:20201107075116j:image
f:id:pekka_poke:20201107075119j:image

↑三崎港

 

そこの近辺を少し散歩した後は少し早めの夕食にしました

 

f:id:pekka_poke:20201107224154p:image

f:id:pekka_poke:20201107223850j:image

↑みさきまぐろきっぷで食べることのできたご飯

マグロの卵(写真中央)、胃袋(写真左の🍥みたいなやつ)、心臓(真っ黒のハート型)などといった普段は食べる機会がないようなものを食べることができました🥺

個人的に1番印象に残っているのはマグロの胃袋で、🍥みたいな見た目に反して噛み切るのが意外と大変でした

 

 

ご飯をかなりのんびり食べて大体18時くらい

行こうと思っていた温泉が19時からしか開かないので再び歩いていくことにした

この季節はこの時間でももう真っ暗だったので

近くで唯一明かりのついていた交番の近くでマップを確認していたらお巡りさんが声をかけてきた

👮‍♂️「どうかしましたか?」

私たち「あ、ここまで歩いて行こうと思って」

👮‍♂️「...1時間くらいかかりますよ?(こいつら正気か?)」

私たち「大丈夫です(早口)」

 

浪人生という名の無職が2人で交番の前でたむろしていたので職質されても文句は言えなかったが、この優しいお巡りさんは道を教えて送り出してくれた

 

そしてここから歩いて向かったのだが、何せ(ちゃんとした)トイレがないような場所(失礼)なので明かりが殆どない 正直1人だったらレジャー施設の券を無駄にしてでも帰っていたくらい心細い道だった

おまけにお巡りさんが教えてくれた目印のようなものは全く見当たらないので異世界に迷い込んだような気分だった(失礼)(2回目)

念のためバスが温泉を出た後にもう走っていなかったら困るので調べたら最終便が21時まであるので一安心

ヘトヘトになりながらも目的地に到着!

受験の疲れを癒すために温泉に入るはずだったのにこれもうわかんねえなぁ

f:id:pekka_poke:20201107225450j:image

 

こう見えて(?)私は温泉が大好きなので熱いから出ようというKくんを宥めながらのんびり浸かっていた

明るかったら露天風呂の景色も楽しめたかもしれなかったが、あいにく真っ暗だったので外の景色が何だったのかはよくわからなかった

Kくん曰く海があるよとのことだったw

 

長旅に同行させた礼としてKくんにジュースを奢ると、ちょうどバスが来そうだったので慌ててバス停に向かうことに。

 

「バス20時2分だった!w」

f:id:pekka_poke:20201107225936j:image

↑見づらくてごめん

 

この女、バスの時間を1時間前の19時6分と勘違いしていたのだ

それに気がついたのが20時5分、バス停までは少し距離がある

 

これを逃したら25分バスが来ない。真っ暗で寒い中薄暗いバス停に取り残されるのはヤバいが、普通に走っても追いつかない。そこで私は強硬手段を取ることにした 

荷物をKくんに持たせて、私が先にバス停まで行ってバスを引き留めることにしたのだ

これでも私、50メートル6秒台ですよ?(ニチャァ)

 

しかし、嗚呼悲しき浪人生、最後に走ったのは何ヶ月前か、バスはすでにバス停を出て次のバス停に向かい始めていた。

そこで私は必死でぴょんぴょん走りながら手を振ってバスに並走したが、乗ってる人がこちらを見ただけでバスは止まってくれなかった(当たり前)

乗ってた人私のこと笑ってただろうな、だって私だったら笑うもん どう考えても面白いじゃん、バスに置いていかれて必死で走ってるやつ

そして運転手、おまえ絶対バックミラー越しに私見えてただろ 

 

こうして愚かな私のせいで25分バス停で待つ羽目になってしまった 仕方がないのでKくんと化学の問題の出し合いをしていた、浪人生なんでね

 

次のバスは無事に乗ることができ駅にたどり着くことができた

f:id:pekka_poke:20201107231030j:image

当初は帰宅が19時くらいの予定だったのだが、大幅に遅れて22時過ぎになってしまった😁

f:id:pekka_poke:20201108004843p:image

道中Kくんと大人になったらこんなに歩くことも段々なくなっていくかもね〜なんて話してた

 

こうして私の二日間の受験は幕を閉じた

本当におしまい!

 

 

来年以降防医を受ける方で「なんで三崎まで行かなきゃいけないんだよ...」って思ってる人がいたらこんな楽しみ方もあります!別に受験落ちても死ぬわけじゃないし楽しんでください!1人じゃ結構怖いかもよ

 

ここまで読んでくださってありがとうございました👋

 

追記:一次受かってました ガハハ