今日も1日がんばるぞい!

ゲームのブログです

【スプラ拳】あの子を脱がせよう 【後編】

f:id:pekka_poke:20190718231140j:image

↑最近のパジャマ。一気に暑くなってきましたね〜(›´-`‹ )

 

こんにちは、涼風青葉です。今回は前回の記事の続きとなります。もし前回の記事を読んでなくて、今回の記事を開いちまったって人がいたら一回戻って前回の記事を読んでくださると幸いです。

 

【登場人物】

Aちゃん

以下の話の主人公。そしてこのゲームを提案した人でもある。

 

 Tくん

脱がされる予定の子。

 

初手竜舞

どうしても勉強がしたいというKくんに代わり、今回の試合に参加する子。スプラは持っていないがAちゃんの指導の結果、Kくんとまあまあいい勝負ができるくらいにはなった。

 

—————————————————————

私はやる気に満ち溢れていた。

もはややる気が溢れすぎていて歩く闘志の塊と化していた。

午前7時までは。

 

話は今朝まで遡る。待ちに待った金曜日。

私はいつもだったら雨が降ったら自主休講している学校への道のりを軽やかな足取りで向かっていた。そんな時親から電話が入る。どうせ忘れ物の連絡とかだろう。

「どうした?」

京王線、全線運転見合わせだって」

「そうなの、まあ歩けない距離でもないし頑張る」

私はそれほど奴を脱がすのを楽しみにしていたのだ。

そして間髪入れずにまた電話がかかる。

「何度もどうしたの」

「学校、午後からだって」

「1回家に戻ってきなさい」

「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)」

今日の試合でおれ発奮

今の気持ちはマジ脱糞yeah

 

 

こうして計画が大幅に狂った。少なくとも、裸にしてラーメン屋に連行することができなくなったのだ。今日を逃したら2学期が始まるまで裸にできないというのに。

しかも今日の夕方は用事が入っている。だからどう頑張っても3時間ちょいしかゲームできない。

 

 

とりあえず帰宅し、完全にやる気が失せたので不貞寝。9時ごろにふと思い立ち、初手竜舞に「早く行ってゲームしよう」と連絡をした。本当に受験する気はあるのか

 

そして12時前、彼と待ち合わせした時間まであと少し。

彼は遅刻魔なのでどうせ来ていないと思いつつLineを見ると

f:id:pekka_poke:20190719120230j:image

端的に言おう、これはウソだ

なぜわかるかって?

f:id:pekka_poke:20190719120316j:image

蛇の道は蛇♰

 

というわけで運もなければ人望もない私はぼっちとなった。

 

そして午後3時、文化祭の班の会議が終わり、いよいよ勝負の時がやってきた。

「まあ初手竜舞は初心者だし1戦目は私はロングでも使うからこれでスペシャルの使い方とか学んでね」

「うい」

 T

「僕がアーマー貯めたり、ヤグラ乗るからおまえは対面でAを倒して」

 

雑魚は何人集まろうと雑魚なのだ。アーマーなどほんの気休めに過ぎない

 

 

1戦目 ザトウマーケット

f:id:pekka_poke:20190720001556j:image

使用武器

私:ロングブラスター

初手:プライムシューター

T:わかばシューター

結果

私のノックアウト負け

(リザルト画面あればよかったんですけど、興奮してて撮り忘れました。ごめんなさい)

 

まあここからが本番だ。約束通り上を脱ぐ。

初心者には酷だがメイン性能アップのプライムベッチューで格の違いを思い知ってもらおう。

 

2戦目 ホッケ埠頭

f:id:pekka_poke:20190720001609j:image

使用武器

私:プライムシューターベッチュー

初:プライムシューター

T:わかばシューター

結果

私のノックアウト負け

 

あれ?私はここで焦る。やばくない?前回ここでやった時私勝ったよ?なんでおまえスプラ持ってるKより強いの?てかアーマーずるくない?流石にアーマー付いた状態で2人から来られたら2人持っていって死ぬのがやっとなんですけど??

 

「早く脱げ」

 

女の子に対して容赦というものはないのか。でも仕方ないから下を脱ぐ。この時点で私はパンツのみだ。女子高生のおぱんつ。周りの人がゴミを見るような目つきで私を見ている。

 

こうなったら仕方がない。私をxまで連れて行った、持ち武器のマニューバーを使うしかない。さあ、xとの格の違いに震えろ。そして今まで少しでも調子に乗ったことを心から後悔しろ。

 

3戦目 マンタマリア号

f:id:pekka_poke:20190720001622j:image

私:スプラマニューバーコラボ

初:プライムシューター

T:わかばシューター

結果

54対20で私の負け

 

ここで言い訳をさせてほしい。ステージが悪い()

f:id:pekka_poke:20190720002517j:image

問題はここだ。

こちらが第2関門を通るにはここでヤグラが止まるわけなのだが、この正面にプライムに立たれると正面から先に撃たれるのでかなりきつい。その上どこからわかばが突っ込んでくるのかわからないのだ。

 

初、T

「おまえの裸は見たくないけど脱げ」

これはもう視姦だ。隣で勉強しているKくんが通報するぞ、やめろと騒いでいたが警察が来たところで捕まるのは奴らに違いない(白目)

 

「最初のは本気じゃなかったからもう一戦やらせてください...」

 

見苦しいのはわかっている。だけどこのままじゃ終われない。奴のTシャツをひっぺがし、それを持って走って逃げないと気が済まない。

こうして4戦目が始まることになった。

Kくんが塾に行くそうなので、これが泣いても笑ってもラスト。

 

4戦目 ムツゴ楼

f:id:pekka_poke:20190720001635j:image

私:スプラマニューバー

初:プライムシューター

T:わかばシューター

 

3戦目最大の反省点はスペシャル選びである。ジェットパックというスペシャルは常にヤグラに乗らないと勝ちに繋がらない、かつ塗りが常に押されている状態のこのルールと相性が非常に悪かったのだ。それを踏まえ今度はマルチミサイルを選択。殺せずとも敵の位置を炙り出せる点、そしてヤグラに乗ったまま即発動できる点を評価した。

 

試合終盤、敵カウント10、こちらカウント20、自陣高台で防衛を試みるTくんに積年の思いを込めたミサイル10発を発射。

逃げまどうT、進むヤグラ。そして10カウントまで到達した。相手もここで通したら負けが濃厚になるので死ぬ気で守りにくる。

 

f:id:pekka_poke:20190719184452p:image(拾い画です)

 

 

 

 

 

結果

10対11で私の負け

 

 

 

 

負けた

 

スプラトゥーンに引き分けは存在しない。同カウントの場合、後からそのカウントに達した方が負けという扱いになるのだ。

 

そして遠くに聞こえる「早く脱げ」の声

 

わかった パンツも脱ぐよ

 

T

「あ、おまえの〇んこは見たくないからシャツで隠しながら脱いで」

 

 

f:id:pekka_poke:20190719190127j:image

                                                                       Fin

—————————————————————

以上でAちゃんの物語は終わりとなります。Aちゃんのリベンジ報告が来たらまた記事にしたいと思います。

この遊び方は脱がずとも普通に面白かったらしいので奇数人とか、仲間内にあんまり強くない子や始めたての子がいる時にやってみるといいんじゃないかなーと思います。難易度は各個人のスペシャルの有無で調節できるのではないでしょうか

ここまで読んでくださりありがとうございました😊

 

※7/20追記

文字だけだと見づらいかなーと思ったのでスプラトゥーン2公式Twitterアカウントから各ステージの写真を貼りました