今日もポケモンがんばるぞい!

ポケモンのブログです

【S11使用構築】最高/最終2104 最終順位44位 豪運四重奏

f:id:pekka_poke:20180904160605p:image

こんにちは、涼風青葉(@pekka_poke)です。

今期は前期に続いて2050に到達することができただけではなく、悲願の2100に到達することができたので記事を書かせていただきます。

トレーナーカードの歌詞はEveさんのドラマツルギーよりお借りしました。

 

↓証拠

f:id:pekka_poke:20180904155250p:image

ラスト20戦17勝3敗でした

 

【構築経緯】

1個前の記事以降、17後半〜18前半をウロウロしており、様々な構築を試しているうちに剣舞を切って電磁波を入れたミミッキュを使用していた。

 

その際思ったより使用感が良かったのでメガ枠をグロスから電磁波とシナジーのある身代わりマンダに変更、いなくなった鋼枠にガルド、相性のいいポリ2、電磁波、マンダとの相性がいい崩し枠にゴーリを採用。余った1枠はくろこさんという方が似たような並びを使用されて結果を残していたのでガッサを入れた。

 

電気の一貫を切るポケモンとしてカバルドンを採用しなかったのは、草結びグロスに簡単に崩されがちであることと、自身のカバの扱いが絶望的に下手なためである。

 

【個体解説】

 

ボーマンダ@石  

性格:意地っ張り
努力値:H212 A44 D12 S236
実数値:197-177-101-/-102-150
技:恩返し/竜舞/羽/身代わり

 

鋼タイプ全般が重いため地震の採用も考えたが、パーティーで麻痺や眠りをばらまくことが多いので最も恩恵を受けやすい身代わり龍舞での採用。

基本的にマンダかゴーリで試合を運ぶように考えて選出、立ち回りを行う

 

 

ギルガルド@カクトウZ

性格:意地っ張り
努力値:H108 A252 S148
実数値:149-222-70-/-70-99(剣)

            149-112-170-/-170-99(盾)
技:アイへ/影/聖剣/キンシ

調整意図

・A:与ダメ効率意識でぶっぱ

・S:4振りヒードラン抜き

・H:あまり

 

本当は本来の役割対象に対して安定させるため残飯を持たせたかったけれど、ゴーリが持っていたのでパーティー単位で重いヒードラン及びグロス軸に宇宙を見せてやることにした。

臆病ドランには上から鬼火など入れられるがサイクル下で倒すことが楽になるので目を瞑った。

USUM環境で格闘Zガルドの記事はおそらく私が初めてなので起源主張していこうな(誰も使わない)

 

 

オニゴーリ@残飯  

性格:臆病
努力値:H172 B12 C36 D36 S252
実数値:177-/-102-105-105-145
技:零度/フリドラ/身代わり/守る

 

ミミガッサに剣舞がなかったり、マンダのサイクルへの遂行速度がそこまで速くないので出せる時はかなり出していた。

20帯では体感サイクルよりの構築が多く、呪いミミにこのポケモンの対策を一任しているような構築も結構見受けられたのでマンダ、呪い、麻痺と合わせることで比較的崩しやすかった気がする。

 

ポリゴン2@輝石

性格:生意気

特性:DL
努力値:H244 B20 D236
実数値:191-100-113-125-159-72
技:恩返し/冷B/電磁波/自己再生

 

電磁波があるだけで汎用性が非常に高く、カバマンダやカバリザ、ゲンガー軸など幅広く出した。

めざ地面やイカサマで鋼への打点を確保することも考えたが相手のカバルドンや、出されやすいマンダへの処理ルートを増やすため冷Bを採用した。

 

ミミッキュ@ミミッキュZ  

性格:意地っ張り
努力値:H244 A156 B44 D12 S52
実数値:161-143-106-/-127-123
技:じゃれ/影/電磁波/呪い

調整意図

(http://maskpoke.hatenablog.com/entry/2018/07/10/203246)からお借りしました

 

 

基本カバルドンもこのポケモンを絡めて倒すので選出率はほぼ100%

電磁波を見せると相手は挑発を警戒してくれたり、初手にミミッキュを置くと挑発から入られたりと意外と何を打つかが大事になってくる。

調整は非力さんの物をお借りしたが、絶妙な速さと特殊方面の硬さで何度も救われた。

しかし相手のミミに上から挑発を撃たれることも少なからずあったので陽気最速での採用もありかもしれない

21達成できたのはこの子が電磁波をほとんど当ててくれたからです、ありがとう😊

 

キノガッサ@襷

性格:意地っ張り
努力値:A196 B140 S172
実数値:135-192-118-/-80-112
技:種ガン/マッパ/岩封/胞子

調整意図

どこかから拾った

・A:無振りガッサに対しマッパ×2乱数93.7%

・B:特化ガッサのマッパ×2乱数3.5%

       特化ガルーラ炎のパンチ乱数25%

だったはずです

 

どこかのブログで拝見した「後攻胞子からのゴーリ出しは一時的に回避を6段階あげたことになる」っていうのがすこだ...

相手のキノガッサに抗うため、マッパを二回耐えるこの努力値振り、Sを下げてゴーリに繋ぐといいことありそうだから岩封の採用となった。

Sが遅いためSダウンしてもゲンガーは抜けていないが、裏のマンダやゴーリにつなげるためアドを取りやすい技だった。

キノガッサがいたら絶対出す

 

【立ち回り】

よく初手に出したものは1番左

vs.カバリザ

 

この手のカバルドンは氷の牙、地震のゴツメ持ちが多いような気がするので比較的隙をついてゴーリではめやすい

 

 

vs.カバマンダガルド

 

取り巻きに添えられていることが多いコケコがほぼ初手に出されるのでミミZブッパしていく。

こちらのカバルドンは怠けるがない、つまり体力が''有限''であるため対面であっても呪いやミミZでさっさとミミを切って裏のポケモンで詰める動きを取っていた。

 

vs.ゲコミミマンダ

 

だいたい上述の立ち回りと同じ

ミミミミ対面は電磁波から入る

 

vs.ヒトムレヒレグロス

 

グロスにポリで電磁波を入れるか、ガルドで裏もろとも吹き飛ばすムーブを想定していたが、20帯以降当たらなかったのでわからない

 

vs.雨パ

 

雨展開要因がペリならば隙を見てゴーリ投げる

トノならガッサを絡める

 

vs.バナカグヤ

 

裏にドランがいたらガルドで

 

vs.ガルミミ

 

初手にガルーラを合わせられるとあまり勝てない

どうしても勝ち筋が選出画面で見当たらない時はゴーリ投げて無理やり倒しに行きました😁

 

【苦手なポケモン

・ガルーラ

対面から勝てるのがガルドしかいないけどゲコやランドとの選出択が発生する中でガルドを初手に投げる勇気がなかった

 

エアームド

やたら見かけた、単純にめんどくさい

電磁波や呪いで削る、ラス1にゴーリorマンダを持ってくる、交代に合わせてフリドラを撃って少しでも削るを意識していた

 

・1舞マンダの恩返しを2耐えしてきたHBデンジュモク

最高レート更新ツイートしようと思ったら目を疑った、その後ダメ計して泣いた

 

【後書き】

今期は自身初となる21を達成することができて感無量です。

ただ、自身の初21がゴーリ入りとなり、少なからず運だけと思われてそうなのでこれからも頑張って行きたいです(´._.`)シュン

次シーズンはあまりガチでやれないと思うので19を目指してのんびり頑張ります( ᐛ )و

ここまで読んでいただきありがとうございました😊

 

【参考文献】

(https://shar965.hatenablog.com/entry/2018/07/10/220531)

 

(http://azumarill-1.hatenablog.jp/entry/2018/03/07/120716)

 

(https://ift.tt/2KNzDxF)